FC2ブログ

暮らしお役立ち編 「住宅ローン」


メールマガジンでも同時配信中です。
登録はこちら

topimgmoney.jpg

マイホームを検討されている方の90%が利用する「住宅ローン」。

お金に関することですので、たくさんの疑問や不安があると思います。

その中でもっとも多い質問「金利タイプ」にお答えします。

役立つ知識!概算返済金額の算出方法まとめも記載しました。

是非最後まで読んでください。


金利タイプの選び方


金利には大きく ・全期間固定タイプ 変動タイプ 固定金利選択タイプの三種類があります。

各タイプの説明とメリットデメリットをまとめました。 

(各表は元利均等返済方式です。)


全期間固定金利型

全期間固定金利型は文字通り、最大35年間の借入期間中の金利が固定されるため、返済額が変わらない住宅ローンです。

フラット35など名前だけでも聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

メリット

・返済計画が組みやすい。

・安心感がある。


デメリット

・金利が変動金利より高く設定される。

img_type_01.gif


変動金利型


変動金利型は定期的に金利が変更される住宅ローンです。主に銀行等WEBで大きく表示される金利表示は変動金利です。

変動金利がもっとも複雑な為、借入の際はしっかり説明を聞きましょう。

メリット

・金利の恩恵を最大限活用できる。

デメリット

・金利上昇に伴う返済金額の上昇リスク。

・安定性がない


img_type_03.gif


固定金利選択型


固定金利選択型は、固定期間を選択できる住宅ローンです。

5年・10年と固定期間を選択することにより、支出が多い期間を固定金利にする等万能に選択できます。

メリット

・ライフスタイルに合った返済計画が組める。

デメリット

・全期間固定金利同様金利が高く設定される。

・更新処理をしないと固定金利は継続しない。


img_type_02.gif


金利タイプまとめ


全期間固定金利型向きな人

・金利動向・経済などのチェックが苦手な人

・返済額の上昇リスクを許容できない人


変動金利型向きな人

・借入金額が少ない人

・繰り上げ返済が可能な人

・金利動向・経済などの変化に対応できる人


固定金利選択型向きな人

・教育などのライフサイクルに合わせた返済計画を立てたい人。


参考までに半数の方が変動金利を選んでいるそうです。

index_img_02.png


金利タイプまとめ


住宅ローンは複利で計算されるため、月々の返済額を計算する場合は専用の電卓または専用のWEBプラウザで計算します。

概算で試算できるように目安を記載しますので、借入金額の目安にしてください。

借入期間 35年 金利0.7%
100万円 あたり 月々 ¥2,685-
借入期間 35年 金利1.2%
100万円 あたり 月々 ¥2,917-  



借入期間 25年 金利0.7%
100万円 あたり 月々 ¥3,634 -  
借入期間 25年 金利1.2%
100万円 あたり 月々 ¥3,859-  

借入期間 15年 金利0.7%
100万円 あたり 月々 ¥5,853 -  
借入期間 15年 金利1.2%
100万円 あたり 月々 ¥6,073 -  

借入期間35年、金利0.7%で、2000万円を借入金額とする場合は

¥2.685 * 20 = ¥53,700-
上記のように計算できます。


sekouosyare.jpg


お住まいの建築には、プランや仕様、土地の選定以外にも登記・火災保険など検討しなければならないことがたくさんあります。

住宅ローンもその中のひとつです。

一つ一つをご自身で調べるには時間がかかるものです。

お気軽にご相談ください。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

樹・夢工房

Author:樹・夢工房
埼玉県越谷市にある、無垢材や自然素材を使って住まいを建てている工務店「樹・夢工房」のスタッフブログです。

日々の業務やスタッフの日常のことを気ままに書いていきますので是非ご覧になってください。

Twitter

検索フォーム

フリーエリア

ポチッとお願いします!!
人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: